管理が難しいお墓は墓じまいがおすすめ!【墓じまいの基本知識】|Good Service

墓じまいを行なうワケ

墓じまいは住んでいるところとお墓が離れており、なかなか手入れに行けないことや手入れをしてくれる人がいないことを原因として行われることが多いです。

墓じまいと永久供養の違いを知ろう

墓じまいには永代供養も含まれる

現在のお墓からお骨をどこかに移すことを総称して墓じまいと呼びます。そのためお墓を住んでいるところの近くに移したり、お骨を所縁ある場所に散骨したりすることなども含めて墓じまいと呼んで差し支えありません。供養を寺院や霊園に委託する永代供養も墓じまいに含まれます。

永代供養は一代限りの供養

寺院や霊園に供養を依頼する永代供養は墓を子孫へ受け継ぐ形とは異なり、基本的に一代に限った供養となります。遺族の手を離れるのでその後の管理を心配する必要がなくなります。預けた時から、あるいは一定期間経過後、他の遺骨と合祀されるので無縁仏になることもありません。

経済的に負荷を減らす供養

墓参り

お墓の維持に困ったのであれば、そのまま後回しにしないで早めに墓じまいを始めることをお勧めします。お寺にいえば様々な観点から相談に乗ってくれるので、まずは抱え込もうとせず、専門家の意見を聞くようにすることが大切です。墓じまいといっても中のお骨などを処分してしまうわけではなく、散骨や永代供養塚への移動などを行っていくことになります。勘違いしている人が多いのですが、決して無責任な墓の処分をすることはないので、無理に維持していこうとするよりもお勧めです。こういった墓じまいによって移動する先の管理をしているお寺の利用方法としては、どういった供養をしていくかを決めていきます。基本的には年に一回だけ供養塚などにお墓参りをするというやり方で、その際にかかる費用などは掛からないのが普通です。墓じまいをする際に費用はそれなりにかかりますが、お墓を維持する年間コストを考えるとかなり経済的に楽になることでしょう。

しまう際の手続き

墓じまいは遺骨を移動するのが主な作業となりますが、これは遺体の運搬などに当たる行為であるためそれなりに面倒な手続きを踏む必要があります。勝手に墓を開けてしまうと警察沙汰になる可能性が高いので、お寺にどういった手続きをしたらいいのか聞いていくようにしましょう。手元供養などをする場合はかなりしっかりと書類上の手続きを踏む必要があるので、納骨堂を利用しないときには注意です。どうしても不安で難しいなら行政書士などに代行手続きをしてもらうこともでき、費用に余裕があるときには依頼するといいでしょう。長い歴史のあるお墓の墓じまいをする場合は、戦中などのあまり適切な火葬がされていない遺骨が多数あるときがあるので、だれがいつ埋葬されているのかを調べておきます。お墓をしまうのは準備をしっかりしてからでないと思わぬトラブルになる可能性があることを覚えておき、お墓を正しい手順でしまいましょう。